画像にある特定のオブジェクトや被写体を残し、編集や加工の素材として使おうとするなら、それ以外の背景などの要らない内容や領域を削除するという画像透過の作業が欠かせないです。

原理からして、要らない領域の情報は完全に削除されるわけではなく、透かされて透明化の情報になるのです。

こうした処理をかけた後、画像は透過PNGとなり、他の画像、テキスト、動画などの上に置いても、残された被写体や特定の領域以外は下にあるものを遮ることはありません。

本記事で透過PNGを気軽に作成できるツールと透過PNG 作り方を紹介します。PNG 透過 フリーソフトを探しておられるあなたの加工作業に役立てばと思います。

一、透過PNGとは?なんでPNG?

透過PNGは画像にある一部の領域や内容が透明となった画像です。そのメリットは残しようとする画像内容だけを表示させることで、ほかの画像と組み合わせる時、下にあるものを遮ることはありません。

常用のJPGやGIFなどの形式の画像と比べると、PNG画像は高くて1678色の豊富な色彩を表現できるのに加え、アルファチャンネルもサポートしているので、不透明度(透明さ)を255レベルで表現できます。そのため、画像透過ツールやソフトは透過PNGを出力形式としています。

透過PNGは普通背景が見られないので、背景が透明になったことを表現するために、市松模様で透過された領域を指すのは普通です。

Part1: パソコン標準搭載の透過PNGを作れる3ツール

下にまとめている標準搭載の画像透過ツールは画像にある色が同じあるいは類似する領域を指定してから、一括で消すという動作原理です。

  • メリット:アニメ画像、ロゴ、印鑑など色の似ている領域が明らかな画像に対しては効果がとてもいいです。消そうとする色をクリックすると、PNG透過を瞬時に完成できます。
  • デメリット:写真のような色の構成が複雑な画像には対応できません。一目で判別できる色が同じあるいは類似する領域がないのは原因です。

1. プレビューでPNG 透過

  • 動作環境:Mac PNG 透過
  • 透過タイプ:同色で透過、画像背景の透明化

Mac PNG 透過のできるプレビューはMacOS標準搭載の画像加工のためのツールです。様々な便利で強い編集機能があります。透過させたい内容によって主に二つの方法で透過PNGを作成できます。

例えば、後景が白い画像のような透過の領域は同じ色で境界線が割合とはっきりしている場合、「インスタントアルファ」(「アルファ」は「アルファチャンネル」の略称)のツールを使って透過PNGを作ります。透過の領域が色の変化に富んで、抜け出したい内容の境界が比較的に曖昧な場合は、「スマート投げ縄ツール」がおすすめです。

どの方法になさっても、最初にプレビューの上端にある「表示」のメニューから、「マークアップツールバーを表示」をクリックしてツールバーを開いてください。

「インスタントアルファ」ツールで透過PNGを作成する方法:

インスタントアルファ

  • Step1: 画像を「プレビュー」に入力して「インスタントアルファ」をクリックします。
  • Step2: 画像で透過させたい色の領域でカーソルをドラッグしすると、その色で隣接している領域は全部選定されました。
  • Step3: キーボード「delete」ボタンをクリックしたら、その部分は透明となります。完成した画像をPNGとしてエクスポートしましょう。

インスタントアルファ-コツ-keynote-study

「スマート投げ縄ツール」で透過PNGを作成する方法:

スマート投げなわ

  • Step1: 破線の四角いアイコンをクリックして、「スマート投げ縄ツール」をクリックします。
  • Step2: カーソルで抜き出したい部分の大体の範囲を囲みます。そして「Command+X」のボタンを押してほかの要らない内容を透過させます。
  • Step3: 透過処理のあと、輪郭の所にまだきれに透過されていない内容があれば、「スマート投げ縄ツール」の上にある「投げ縄ツール」を使って手動でもっと細かく残したいものをなぞって抜け出しましょう。

デメリット:投げ縄ツールを使用する場合、手動で輪郭の所をなぞって残したい領域を決めるために、細かい操作が必要なので、少し手間をかけるかもしれません。

2. ペイント3D 透過 PNG 作成

  • 動作環境:Windows
  • 透過タイプ:画像 背景 透明

透過png ペイントも作成できます。ペイント3DはWindows 10から標準搭載となっている画像編集のツールです。従来のペイントより立体視のある3D画像を加工することができます。2D画像の立体変換もできます。

また、ペイント3Dはスマート透過の機能もあり、自動で画像にある被写体の輪郭を識別でき、それを抜け出して透過PNGを作成することができます。MacOS標準搭載のプレビューにある「スマート投げ縄ツール」とは同じな感覚です。ペイント 透過の具体的な手順を紹介します。

  • Step1: ペイントを起動して、右上にある「ペイント3D」 をクリックしてペイント3Dを起動します。 
  • Step2: 画像を入力して「マジック選択」をくりっくして被写体を囲みます。ペイント-3D-透過
  • Step3: シャーペンツールで綺麗に選定されていない部分を手動でなぞることで、加えたり削除したりして調整します。ペイント3D-透過-2
  • Step4: 出力オプションのとこで、ファイルをPNGに切り替えて、「透明度」のボタンにチェックを入れてペイント 背景 透明にした透過PNG画像をエクスポートします。ペイント3D-透過-結果

デメリット:動作原理と使用方法は、Photoshopのマジック選択ツールとはほぼ同じですが、時々、手動で完璧に自動識別できない境界の部分を細かく補完する必要があるので、乱雑な削

3. Excelで透過 PNG 作成

  • 動作環境:Windows
  • 透過タイプ:同色、近似色で透過

Excel透過

マイクロソフトのエクセルに画像を挿入する際、内蔵の画像編集ツールを使って画像にある色が割と均一な所を透過させることができます。エクセルファイルに透過PNGを添付する際、直接的にそこで背景透過の処理を行えるので便利です。また透過した後、エクセルから透過PNGをエクスポートして他用するのもできます。

Step1: Excelで「挿入」タブ→「画像」の順で画像をアップロードします。

  • Step2: 入力した画像をクリックして選定し、「書式」タブに切り替えます。
  • Step3:「色」メニューから「透過色を指定」をくりっくしてから画像で透過させたい色をくりっくします。すると透過PNG画像となります。

透過させたい色はほぼ同色ですが、ちょっと変化がある場合、最初に画像ツール「書式」のタブにある「修正」機能を利用して、残したい内容を損ない前提で、画像の明度とコントラストを上げてください。そうすることで、透過色をできる限り一色にすることができます。

上記のツールを使って透過PNGをより完璧に作成すれば、被写体の形が規則で背景とのコントラストが高い画像を使う必要があります。もっと理想的に被写体が切り抜かれた透過PNGを作りたいなら、下でまとめているAIツールを試しましょう。

Part2: 透過PNGを作成できるオンラインツール3選

上記の画像透過のツールを使って、色が複雑でオブジェクトの境界が曖昧な場合、きれに残そうとする内容をきれいに選出できないのです。

最近のAI技術は急速な発展を遂げ、画像透過において画像や写真にある被写体を自動で抜き出せるウェブアプリはどんどん出てきます。使いやすさと効果を考えて、代表的な四つを紹介させてもらいます。

1.BGremover

  • 動作環境:ブラウザー
  • 透過タイプ:背景の透明化
  • 料金:無料で使用可能;1080¥毎月
  • 日本語対応:あり

VanceAI背景透過

BGremoverは高完全自動で写真にある主な被写体を切り抜いて、残りの背景部分をきれいに透過させることができます。画像をアップロードしてほんの数秒のあと、背景がきれいに透過されたPNG写真を出力できます。

高い精度でPNG透過を行うことに加え、背景を透過する作業の効率アップにプラスな機能も提供されています。例えば、複数の写真を一括でアップロードして一括で処理したり、オフラインのモードで処理したりなどがあります。また、有料版を使えば、Vance AIが提供する一連のAI画像加工のツールをともに使うことで、希望のワークフローを立てたりすることもできます。

2.Adobe Spark透明背景無料作成ツール

  • 動作環境:ブラウザ―
  • 透過タイプ:画像背景の透明化
  • 料金:無料
  • 日本語対応:あり

Adobe Spark無料背景透明ツール

Adobe SparkはAdobe会社が開発したオンラインコンテンツ作成サイトです。このプラットフォームで、デザインの美しい画像、動画、ウェブページを基本的にドラッグ&ドロップの方式で作成できます。

画像編集をするなら、多くのテンプレートと各用途に適用できるサイズのプリセットが提供されています。また、オンラインでAdobeの数多くの写真や動画素材を利用することもできます。

内蔵のAIによる透過 PNG 作成ツールを利用すれば、ワンクリックで要らない画像の領域を透過させることができます。使い方も非常に簡単です。

  • Step1: 画像をAdobe Sparkにアップロードします。
  • Step2: すると自動でAdobe Sparkのオンライン透過ツール処理されるようになります。
  • Step3: 完成した画像を透過PNGとしてエクスポートします。

デメリット:オンラインツールでありながら、機能を利用するのは非常に不便です。ページのロードスピードが遅くて、編集ページに入るのは相当の時間がかかります。また、一枚ずつでPNG 透過をやらないといけないのも不便です。

3. Pixlr BG

  • 動作環境:ブラウザ―
  • 透過タイプ:画像 背景 透明
  • 料金:完全無料、制限なし
  • 日本語対応:あり

PixlrBG 透過PNG作成

Pixlr BGはPixlrの無料のAI透過PNGを作成するオンラインツールです。Pixlrの主な製品はオンラインで画像編集をすることができるPixlr EとPixlr Xです。そのアドバンスの機能を使うなら有償版にアップグレードする必要があります。

Pixlr BGは完全に無料で利用できるので、なかなか良心的だと感じます。使い方も非常に簡単です。しかも、透過処理の後の効果を見ても、完璧だと言っても過言ではないと思います。

利便性を効果から見ると、絶対にすすめる価値のあるツールと思います。

  • Step1:「Open Image」のボタンをクリックして画像をアップロードします。 
  • Step2: AIが自動で画像にある主となる被写体を識別して要らない内容を透過させます。
  • Step3: 透過処理の結果をプレビューして、右にある「Download」ボタンをクリックすれば、自動で透過PNGの画像を出力できます。

デメリット:完全無料というメリットがある反面、使用の安定性が非常に悪そうです。解像度の高い写真をアップロードすると、常に透過不可という提示が出てきます。

4. BgEraser

  • 動作環境:ブラウザ―
  • 透過タイプ:画像背景の透明化
  • 料金:完全無料、制限なし
  • 日本語対応:あり

bgeraser 透過PNG

BgEraserもAIによる完全無料の自動で透過PNGを作成できるオンラインツールです。色が豊富な画像や写真に対して正確的に中にある主な被写体を識別して、それ以外のものを透過させて透過PNGを出力することができます。しかも日本語対応もあるので、使用のステップは読みやすいです。注意する必要がある所は、透過PNG 作成が成功した後、新しいウィンドウが開くことになるので、そこから処理済みの画像をダウンロードしてください。

  • Step1: ホームページのアップロードのボックスから画像や写真をアップロードします。
  • Step2: 成功にアップロードされた画像んおサムネイルの所で「Start」のボタンを押します。
  • Step3: 少し待ってから、「Download」ボタンをクリックしましょう。そしてブラウザの新しいウィンドウ或いはタブが自動で開きます。そこで、右クリックして「名前を付けて保存」のボタンをクリックして透過処理済みの画像をダウンロードしましょう。

デメリット:このツールで画像透過をするのは、入力可能な画像サイズが小さいこととPNG透過の効果がよくないという二つの主な問題があります。また、結果をオンラインでプレビューできないという不便な所もあります。

まとめ

今回で紹介した透過PNG 作り方とツールはほとんど無料で、わざわざダウンロードやインストールなどをする必要もありません。各PNG 透過ツールでPNGを透過する最終の効果を一つずつ検証すると、完成度も結構高いです。

同色透過モードを持つツールでPNG透過を行う際、処理するにあたり一番対処しにくいのは、白い画像のような同じ色に見えるようけど、細かい色の差があってうまく透過できない状況かもしれません。その場合、画像のコントラスや明度を増やすことで、色に差を付かせてから再び同色モードでPNG透過の作業をやりましょう。

各種類の画像透過ツールの原理をさらに了解するなら、AIの背景透過のツールで画像の背景を気軽に剝がしょうという記事をお読みください。

BGremoverツールもお試しください。